日本未来学会 活動歴

1968年の設立からの活動歴です。
毎年、時代性を有するテーマのもと、専門分野横断型の研究集会や国際会議、公開シンポジウムなどを開催し、さまざまな未来を論ずるなかで、社会に対する問題提起を行っています。


1968年 7月6日
日本未来学会 発足
12月
「未来にむかっての科学者の任務」
1970年 4月
国際未来学会「未来からの挑戦」(京都)
1971年 11月
「80年代をどう考えるか」
1972年 12月
「シンク・タンク」
1974年 11月
「教育の未来」
1975年 12月
「成熟社会の展望」
1976年 5月
「人間環境の未来-人間らしさへの挑戦」
11月
「テレ・コミュニケーションの未来」
1977年 6月
「Design or Future-物と心のかかわりあいについて」
11月
「企業の未来」
1978年 7月
創立10周年記念研究集会「地球社会の展望」
1979年 5月
「企業ジャーナリズム未来論」
1980年 5月
「健康と医療の未来」
1984年 4月
「第5世代コンピュータと未来」
12月
「居住環境の未来-陸・海・空」
1985年 8月
国際シンポジウム「住みかた革命-世界都市の構築」
1986年10月
「日本型ハイテク社会-21世紀」
1987年 4月
菊竹セミナー「日本都市住宅の未来」
5月
栄久庵セミナー「道具環境の変化」
6月
佐貫セミナー「多次元的都市環境論-21世紀の都市つくりをめぐって」
7月
坂井セミナー「コンピューターを遊びと仕事に」
9月
転法輪セミナー「空間設計のための新技術開発」
11月
日本未来学会研究発表大会
1988年 7月
創立20周年記念シンポジウム「日本語の未来」
1989年 8月
名古屋シンポジウム「未来をデザインする-見えるものから見えないものへ」
1990年 9月
第1部「未来学の再構築」第2部「関西の未来」
1992年 10月
設立25周年記念「異文化の壁を越えて、新しい日米の未来を創造しよう」
1993年 7月
「宗教の未来」
1995年 10月
「未来シンポジウム・ミレニアム(千年紀)3000」
1997年 5月
「バーチャルリアリティのゆくえ」
7月
広島シンポジウム「ものづくり産業と広島の未来」
1998年 10月
とちぎシンポジウム「少子化社会と日本の未来」
11月
創立30周年記念シンポジウム「人類の未来」
2000年 10月
「女と男の未来シンポジウム」
2001年 9月
ミレニアム展望「科学技術の未来と倫理」科学技術分野における倫理上の問題
12月
三重・畿央シンポジウム 「日本の未来首都」
2002年 11月
ミレニアム展望「科学技術の未来と倫理」生命科学の研究における倫理上の問題
2007年 7月
シンポジウム「未来学ルネサンス」((財)未来工学研究所と共催)
11月
「未来学フォーラム」
2008年 11月
シンポジウム「アキハバラという未来~未来学パラダイムの再構築~」
2009年 6月
「第2回未来学フォーラム」
2010年 7月
「2010 年度 新日本未来学会シンポジウム」